yukihiromatsuoka




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
What does not change :: 2012/07/26(Thu)

inokashira059-Edit.jpg

みなさんこんにちは。

寒いなって感じたと思ったらこの絡み付く暑さ、どうも体力がついてゆかないな。
身体が資本とわかりつつも毎夜毎夜の過度の晩酌、まあつまみだけは僕が作っているので
まだましかな。

最近やたらとキュウリを身体が欲していてサーモンの刺身とキュウリ、ポテトサラダに
塩揉みしたキュウリをいれたりとキュウリばかり食べてるな。

へとへとで仕事から帰ってきてとりあえず発泡酒の35缶をプシュリとやって
西友で買って帰ってきたものをしわける。あるものは野菜室へあるものはまな板の上で
小分けにしラップしてから冷凍庫へ。
ここ二日ばかり実家から送ってきたじゃがいもがあるのでポテトサラダを作っている。

小鍋に水を張りまずは卵をいれる、そして沸騰してきたらざく切りにしたジャガイモを。
そのあいだにキュウリを輪切りにしてボウルにいれ軽く塩をして塩揉みしておく。
ジャガイモにすっとくしが通る頃にこれまた実家から送ってきた天日干しのタマネギを
半玉ほどむこうが透けるくらい薄切りにしてゆだった鍋にいれ15秒くらいで卵とジャガイモと
いっしょにザルにあける。

ボウルの中で汗をかいているキュウリを絞りその中へまずはジャガイモとゆで卵をいれる、
そしてフォークで細かく押し出しゆで汁を吸ったタマネギも手できゅっときつく絞りボウルにあける。

塩と胡椒と少しの砂糖とたっぷりのマヨネーズで合える。

最近はたまにそこに粒マスタードをいれる、ぴりりとした頭味とツブツブ感がなかなかで。

いつもベースの作り方は変わらない。
いつからなのかは覚えていない。
でも、これはおそらく母の味なのだろう。
母はそこに塩水でさらした薄切りのリンゴを入れるのだが、一人暮らしになって
果物は買わなくなってしまったので入っていない。

友人から誕生日プレゼントでいただいた三種類の野田琺瑯の一番小さなバットに
スプーンで平べったくすり切りに盛りつけてラップをして冷蔵庫で冷やす。

残ったキュウリを今度は斜めに切ってサーモンの刺身のツマを作る。
サーモンは5ミリくらいの厚さでこれまたなるたけ斜めに、平べったく切る。
それも器に盛りラップをして冷蔵庫で冷やす。

このあたりで二本目の発泡酒を開けパソコンの前に座ってフェイスブックやら
ツイッターやらニュースやらをチェックする。
ここ最近の日々。

僕が昔、昔といってもおそらく5年くらい前だと思うんだけど、撮った写真を
最近よく眺めている。
デジタルを使う前のフィルムで撮っていた頃の写真。
ワンカットワンカットを一生懸命に撮っている感覚が蘇ってくる。
撮ることが楽しくて現像を待ちわびていた頃。
現像をみてがっかりしたり、おもわぬショットに喜んでいた頃。
今見てもその感覚はありありと沸き上がってくる。

いろいろと状況は変わり、フィルムも最近はほとんど使っていない。
ほぼデジタルでの撮影になっている。
でもポテトサラダの作り方は変わっていない。

僕にとっての残るものというのは、続いてゆくものとは、
最近になって輪郭がすこしばかりだけど見えてきたような気がする。
そういう輪郭を残しつつ、粒マスタードをアレンジ出来るようなものが
出来れば僕は良いなと、フォークでジャガイモをつぶしながら
ふと思った。

そんなかんじで
またまたばいばい。


クラムボンのカヴァーアルバムで知った
とても好きな曲。
あの時のあの感情、あの温度、あの匂い。
あのとき僕らをはるか上空から射してた光の色。
そんなことを目の前に浮かび上がらせてくれる曲。

Small Circle Of Friends/波よせて


  1. photograph & diary
  2. | trackback:0

トラックバック

トラックバック URL
http://scrapmerchant.blog48.fc2.com/tb.php/473-7f673c9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。