yukihiromatsuoka




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
赤提灯、遊郭、亀 :: 2013/01/02(Wed)

今年の初夢はへんてこな感じだ。

旧いせや公園店を小さくしたような二階建てのせり出しで
お酒を飲んでいる。

夏なのだろう、涼やかな夜風が幾重にも重なった
赤提灯を順番にゆらせ、僕の頬もなでてゆき店内からの熱気を外へ
運び出している。

なんだろうこのあでやかな空間は。

店主を含め呑んでいるのはほぼ友人達だ。

気持ちがよい。見える景色は昔の大判レンズでとられた写真のように
ソフトフォーカスなんだけど芯がある。
僕の好きな色味と味だ。

徳利が妙に大きい。
五合は入ると思う。

手を添えるとこだけやわらかくくびれたお猪口で酒を口に運ぶ。

店内から声が響く、

「亀をみせてくれ」

「亀?」

一瞬訳の分からないことを言うものがいるなと思ったのだけど
なぜか僕は立ち上がり古い煙でいぶされきしきしと軋む階段を
おりて一階へ。

タイル張りの大人が2人は入れそうな浴槽のようなものに
亀が泳いでいる。

僕はその一匹をてにとり見せている。

ずっしりとした重みをもった真っ黒で立派な亀を。

その亀を相手に手渡して僕はまた階段を昇り席に戻った。

僕の座っていたせり出しには艶やかな着物を着た女性がひとり
提灯を手で揺らしながら座っている。

僕はその景色をぼんやりと眺めている。

赤くにびやかに光る提灯とその光の中に座る女性を。
着物の色が妙に濃くてよい。

店内は相変わらず友人達ががやがやと楽しそうに呑んでいる。

提灯と女性と仲間と亀と。

僕は妙に満足して目を覚ました。


っていうへんてこな初夢でした。


さてさて話は変わって年末からこちょこちょやってた
ホームページを先ほど公開しました。

いろいろとやりたいことはあるのだけど技術が全くついていかず
かなりの見切り発車ですがとりあえずあげてみました。

リンクばかりで申し訳ないですけどこれからどんどん
コンテンツを充実させていこうと画策しておりますので
よろしくお願いいたします。

yukihiro matsuoka





  1. photograph & diary
  2. | trackback:0

トラックバック

トラックバック URL
http://scrapmerchant.blog48.fc2.com/tb.php/503-880b3f69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。